コンセプト

ベルミスモコンセプト

ベルミスモの肌再生コンセプト

ベルミスモの肌再生コンセプト

「ベルミスモドクターズライン』の肌再生コンセプトには5つの骨格、
①『準備』②『調整』③『再生・回復』④『予防・維持』⑤『紫外線対策』があります。

①『準備』
肌は本来、自分で再生するカを持っています。ところが保湿液などを長い間使い続けることにより、肌が自分で保湿をする機能を放棄してしまうのです。その結果、ちょっとしたものにも過剰な反応を示す敏感肌になってしまう方も。「ベルミスモドクターズライン」スキンキュアプログラムの一段階では、皮膚の本来のカを戻すために、まず、クレンジングにより角質を洗浄します。
②『調整』、③『再生・回復』
2段階の『調整』、3段階の『再生・回復』では、しみ、小じわをなくし、肌に透明感を出していきます。この作用は「ベルミスモドクターズライン」に配合されているトレチノインとハイドロキノンという成分がポイント。2つの成分の組合せによる相乗効果も「ベルミスモドクターズライン」の結果に大きく影響しています。
④『予防・維持』⑤『紫外線対策』
4段階は『予防・維持』。イソフラボン(女性ホルモン様ハーブ成分)やコエンザイムQ10などの作用でハリのある美しい肌を維持していきます。もちろん、肌老化の最大の原因である紫外線から肌を守る防御策も忘れてはいけません。

『ベルミスモドクターズライン』のみで、しわ・たるみ・しみ・くすみ・ニキビ・老人性色素斑などに十分な効果があります。
そして、この「ベルミスモドクターズライン」は日常生活には全く支障がないのが特徴です。
使用している聞はメイクができないとか、時間をとられることもありません。
基礎化駐品の代わりに使う感覚なので、忙しい方でも自分のできる範囲で手軽に使用することができます。
さあ、あなたも今日から「ベルミスモドクターズライン」で生まれたてのような美しい肌を手にいれましょう。

一般化粧品とベルミスモドクターズラインの違い

①浸透レベルが違う

皮膚の表面に作用するのではなく、深層部までしっかり浸透して細胞に直接働きかけ、肌本来の持っている力を蘇らせます。

②結果が目に見えて違う

1回の使用がエステ1回分に相当し、コスメタイプにすることで朝晩手軽に使用可能に。早い方では約1ヶ月で目に見える効果が!多くの方が満足されています。

③肌が丈夫になる

細胞レベルから改善するので肌が丈夫になります。過剰な栄養を肌に与えると、細胞が甘やかされ敏感肌をつくってしまいます。丈夫な肌になりましょう。

④外側からではなく、内側から変わる

細胞のひとつひとつに働きかけ肌の内側から細胞自身を改善していくので肌質を選ばずに、全てのトラブルに対応でき、効果が持続します。

⑤一人一人にあわせた処方(プログラム)

一人一人の肌質に合った組み合わせができます。常にドクターサポートがあるので、安心しでご利用いただけます。

一般化粧品とベルミスモドクターズラインの違い

ベルミスモドクターズラインの主な成分

美肌の最終兵器、お肌のブライトニング作用

ハイドロキノン

しみそばかすくすみ色素沈着

しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする肌の漂白剤です。できてしまった色素沈着だけでなく、これからしみになろうとしている予備軍も美白していく作用があります。“美白の最終兵器”とも呼ばれており、メラニン生成の原因となる酵素である「チ口シナーゼ」の働きを抑える事で、メラニン生成を抑える成分です。その効果は、従来の美白成分の100倍程度の作用を有するとも言われています。

メラニン合成の「本体」に直接作用

紫外線を浴びると表皮の最下部、基底層にあるメラノサイトでメラニンが合成され、紫外線の害から皮膚を守ります。ところが、過剰に作られると表皮に蓄積されしみとなるのです。メラニンの「本体」はメラノサイトにあるチ口シンです。チ口シンがチ口シナーゼという酵素と合体することで活性化し、メラニンが合成されます。従来の美白成分は、主にチロシナーゼの働きを抑制することで間接的にチ口シンの働きを抑えます。

一方ハイド口キノンは、しみの本体であるチロシンに直接働きかけて抑制します。チロシナーゼ活性の抑制においても、その威力はアルブチン、ビタミンC、コウジ酸などよりもはるかに高いのです。

ハイドロキノンの働き
ハイドロキノンが効くしくみ

お顔はもちろん全身の幅広いお悩みに対応したスーパーコスメです。

しみ、ソバカス

しみは淡褐色の斑点で、女性の場合はある程度の年齢に達すると出やすくなります。これは加齢による肌のターンオーバーの衰えが最大の原因だと言われています。

ビキニラインの黒ずみ

特に日焼けをしたわけでもなく紫外線対策もしているのにビキニラインや下着の周辺が黒ずんでいる。これは下着の刺激から肌を守るために、メラニンが頑張っているからです。

ホルモンバランスによるしみ

肝斑ってご存知ですか?妊娠・出産など女性ホルモンのバランスが影響して左右対称に広がってくるしみのことを言います。出産の度に肝班が濃くなっていくように感じる方もいらっしゃいます。

ケガや火傷跡の黒ずみ

肌は刺激を受けると、自らを守ろうとしてメラニンを作り出します。ケガや火傷をした跡がしみになるのも同じ働きで、ケガや火傷が治った跡に黒ずみができることがあります。

ハイドロキノンとトレチノインの働き

コラーゲンの分泌を高め、プリプリ肌に再生

トレチノイン

しみニキビたるみしわ黒ずみ毛穴

ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約300倍であり、ビタミンA類の生理活性の本体そのものであります。このトレチノインは誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギ一反応を起こすことはありません。トレチノインは米国では、しわ、ニキビの治療医薬品としFDA(米国食品医薬品局)に認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。

トレチノインの皮膚に対する効果
  • 固くなった角質を剥離して取り除き、表皮の新陳代謝を活性化する
  • 表皮の細胞分裂を促し、皮膚の再生能力を取り戻す
  • 皮脂腺の働きを抑え、皮脂の過剰な分泌を抑制する
  • 真皮におけるコラーゲンやエラスチンの生成・分泌を刺激することで、皮膚本来のハリを取り戻す
  • 表皮におけるヒアル口ン酸などの粘着性物質の分泌を促進することで、みずみずしい肌をつくる

ハイド口キノンとトレチノインを併用すると、加齢や紫外線ダメージによる色素沈着やニキビ跡のような炎症後色素沈着にとても高い効果があります。

トレチノインの働き

ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上のパワー

ピクノジェノール

しみむくみしわそばかす

フランス南西部の大西洋側の海岸に生えている『フランス海岸松』の樹皮より抽出された水溶性のフラボノイドの一種。プ口アントシアニジン、力テキンなどのフェノール酸類と、40種類以上の有機酸から成り、非常に強い天然の抗酸化物質です。その作用は、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍!以上のパワーがあるといわれ、ビタミンCのはたらきを助けるダブルの効果もあります。また、ピクノジェノールは「肌のビタミン・飲む化粧品」とも呼ばれ、コラーゲンや工ラスチンと結合し皮膚組織再生の働きがあるため、しみ、そばかす、シワの予防改善、肌に潤いのある弾力を持たせる、紫外線による肌ダメージの低減、日焼け予防や血流改善効果によるむくみ予防などの美容効果があります。

美人の湯として有名な高濃度温泉水

出雲湯村温泉水

美白ターンオーバーの促進しわニキビ

肌本来のターンオーバーを促すことで、あらゆるトラブルからの改善に役立てます。保湿力、鎮静効果、抗酸化作用、抗炎症作用、柔軟効果に優れる天然ミネラル成分がなめらかに肌を整えながら、みずみずしく潤い続ける肌へと導きます。温泉に豊富に含まれるマイナスイオンが肌機能を活性化。低下しがちな肌の生まれ変わりのリズムを整えて、肌の自活力をサポートします。角質を柔らかくして古い角質を取り除きながら、余分な皮脂もコントロールします。また、アルカリ度の高い温泉水は水分子が細かいため、肌への浸透性が高いのも特徴のひとつ。まろやかに肌にひろがり、角質層のすみずみヘ潤いを届けます。

メールフォーム

このサイトを広める

スペクトラルトレーニングレーザー治療!「シミ取り」